ダウンロード
メニューを閉じる -

Papyrus v2.0をリリース:RSKの今後のネットワークアップグレードについて知っておくべきこと

要約: RSKネットワークは、ブロック番号2,392,700で計画的なネットワークアップグレードを行います。アップグレードは、2020年5月29日(金曜日)に行われる予定です。本ブログ投稿では、RSKノードを新バージョンに正常にアップグレードするためにユーザーが知っておくべきすべての関連情報を共有しています。

5月6日更新 – 重要な更新:一部のユーザーより、v2.0.0へアップグレード後、ノード内でピアの切断が発生したとの報告を受けております。そのため、タイムアウトおよびピア切断シナリオをより適切に処理するためのパッチバージョンをリリースしました。アップグレードを開始する前に、Papyrus v2.0.1をダウンロードしてRSKjノードをアップデートしてください。rskj Wasabi v1.3.0より前のバージョンで実行している場合は、このパッチをインストールする前にrskj Papyrus v2.0.0をインストールする必要がないことにご注意ください。現在v2.0.0をご利用中の場合は、この新バージョンに更新することが強く推奨されます。本リリースは、当社のGithubリポジトリで既に公開されています。 本ブログ投稿は、上記変更を反映するために更新いたしました。

ネットワークアップグレードとは?

ネットワークアップグレードとは、プロトコルコンセンサスルールに対する変更や一連の変更のことで、所定のブロック番号で実装されます。そのため、当該変更を行う場合は、ネットワークアップグレードを有効化する前に新しいクライアントバージョンにアップグレードを行ってください。アップグレードを行わない場合は、最新ではないノードが互換性のないチェーンに留まることになります。

ネットワークアップグレードで何が起こりますか?

RSK Mainnetのネットワークアップグレードの有効化は、ブロック番号2,392,700で行われます。現在のネットワーク状況を考慮すると、アップグレードは2020年5月29日(金曜日)に行われる予定です。

RSKテストネットのアップグレードは、ブロック番号863,000にて、2020年5月19日(火曜日)に行われる予定です。

バージョン2.0にアップグレードする方法は?

アップグレードを開始する前に、Papyrus v2.0.1をダウンロードしてRSKjノードをアップデートしてください。本リリースはすでに Githubリポジトリで既に公開されており、以前のバージョンから実行できます。

Papyrus v2.0.0にはどのような変更が含まれますか?

本バージョンに含まれる変更点に関する大まかな内容は下記のとおりです:

  • Garbage Collector v0.2には、過去にリリースされたガベージコレクション機能(ベータ版*)に対する改善が含まれる。
  • Import Sync v0.1機能(ベータ版*)を使用することで、ユーザーはほんのわずかな時間でノードの同期が可能に。
  • RSK双方向ペグにおけるSegwit(P2SH-P2WPKH)ペグイントランザクションのサポートを追加(ネットワークアップグレードの有効化後)。
  • (ネットワークアップグレードの有効化後)ホワイトリストメカニズムの削除に備えた2WPプロセスへの追加(ロックキャップと資金回収ロジックの改善)。
  • eth_subscribe JSON RPCメソッドでのログサブスクリプションのサポートを追加。
  • ECADD、ECMUL、およびPairingCheckプリコンパイルコントラクトを追加(ネットワークアップグレードの有効化後)。
  • CHAINID、SELFBALANCE、およびEXTCODEHASHオペコードを追加(ネットワークアップグレードの有効化後)。

(*)これらの機能はまだベータ版です。制作環境で使用するにはまだ信頼性が低く、初期設定では無効になっています。詳細については、 RSK開発者ポータルを参照してください。

本ネットワークアップグレードで導入されたコンセンサスの変更の詳細については、RSKIP 141ネットワークアップグレードを参照してください(Papyrus)。 Githubマイルストーンにてそれぞれ紹介されている変更内容の一覧をご覧頂けます。

RSKj Papyrus 2.0.1のsha256サムは、43149abce0a737341a0b063f2016a1e73dae19b8af8f2e54657326ac8eedc8a0 rskj-core-2.0.1-PAPYRUS-all.jarです。詳細については、Reproducible Buildガイドをご覧ください。

Papyrus 2.0へのアップグレード時に考慮すべきことは?

本バージョンでは、指定のブロック番号でネットワーク有効化が行われる前にノードを更新することを除けば考慮すべき点は得にございません。

本バージョンについての問題の報告方法とは?

Papyrus 2.0.1の実行中に発生する問題についてお知らせいただくことが大切です。問題については、当社のGitterコミュニティにてお知らせいただくか、Githubレポジトリに直接トピックを作成してください。

セキュリティの脆弱性の報告方法とは?

セキュリティ関連の問題については、security@rsk.coまでご連絡いただくか、当社のバグ発見奨励プログラム(bug bounty program)より報告ください。RSKプラットフォームの改善および保護に寄与していただいたセキュリティ専門家、ソフトウェア開発者、ハッカーの方に対しては報酬を進呈いたします。

その他のご質問

以下のソーシャルメディアのチャンネルやフォーラムを通じてご意見等をお寄せください:

Twitter: https://twitter.com/RSKsmart

Telegram: https://t.me/RSKsmart

Gitter: https://gitter.im/rsksmart

Reddit: https://www.reddit.com/r/rootstock/

BitcoinTalk: https://bitcointalk.org/index.php?topic=3189777.0

はじめてRSK を利用するお客様は、当社の開発者ポータルにてRSK プラットフォームの利用開始方法をご確認いただけます。