ダウンロード
メニューを閉じる -
よくある質問

RSK 、 RSKのビジョン、テクノロジーに関するよくある質問や、 その他の関連する質問についてはこちらをご覧ください。

もしくは、下方向にスクロールして別のカテゴリーを検索してください。
RSKが採用しているコンセンサス・プロトコルは?

RSK BlockchainはDECOR+と呼ばれるナカモト・コンセンサス(PoW)のバリアントにより保護されています。プルーフ・オブ・ワークSHA256Dマイニングアルゴリズム(ビットコインに使用されるアルゴリズムと同じもの)に基づいており、マージマイニングが有効になります。マージマイニングは、マイナーがRSKとビットコインの両方のブロックチェーンで同時にマイニングできるプロトコルで、ハードウェア・マイナーが全く同じであり、パフォーマンス・ペナルティはありません。したがってマージマイナーは両方のプラットフォームで料金を回収できます。RSKはオープンソースのマイニングプール・ソフトウェアをいくつか改良し、マージマイニングを可能にしました。

DECOR+プロトコルとは?

ビットコイン・ネットワークにおいて、2つ以上のマイナーが同じ高さでブロックを解いた場合、利害相反が存在します。競合するマイナーは各自のブロックが他のマイナーにベスト・チェーン・チップとして選ばれることを望んでいます。他の正直なマイナーとユーザーは全員、誰もが同じブロックチップを選ぶことを希望すると思われます。なぜならこれによってブロックが逆転する可能性が減るためです。DECOR+によって、一点に集中した選択のための適切な経済的誘因が設定されます。マイナー間の相互作用を強化する必要はありません。この衝突は次のように解消されます。

  1. 関係者全員が、時間限界内(同時)に同一ブロックチェーンの状態に関する情報にアクセスすると、その解消策に同意したことになります(コンセンサス)。
  2. システムの一部が同時に動作すると、衝突がナカモト・コンセンサスとして解消されます。
  3. 相反するブロック収益(手数料)が平均をはるかに上回ると、この解消によってマイナー全員の収益が最大化されます。
  4. 衝突するブロックによって平均に近い報酬が生じると、この解消によって、他のブロックや取引に対するマイナーの検閲権限が弱まります。
  5. 衝突の解消には時間はかかりません。

.

RSKは自分勝手なマイニングから保護されていますか?

DECOR+は、「厳格な」ルールが加わると、取引手数料が平均に近い間は誘因両立性があります。マイナー支払サイドチャネルはありません。この最後の制限事項は、誘因両立資産はマイナーによる贈収賄攻撃には抵抗できないことを意味します。この攻撃によりDECOR+プロトコル誘因がゆがめられるおそれがあります。さらにこの制限事項は、イーサリアムなどの「チューリング完全」仮想マシンを提供するプラットフォームに対しても適用されます。

マイナーが子ブロックの作成を高速化するために親ブロックを検証する(別名「SPVマイニング」)ことをどのように防いでいますか?

RSK Labsは、ブロックの伝搬と検証を高速化するRSKIPを発表しました。これにより、適切な親ブロック検証を実施せずに子ブロックのマイニングを開始しようとする誘因が減ります。マイナーは、子ブロックを作成できる状態になるまでの数秒間に兄弟ブロックを採掘し続けたとしても、DECOR+プロトコルから利益を得ることができます。

RSK Labsは、親ブロックの検証が不完全で1列で最大2つのブロックしか検証できない場合であっても子ブロックを作成できるRSKIPを発表しました。しかしながら、ネットワーク伝搬時間の短縮が最善のアプローチであると思われます。

なぜビットコインのマイナーはRSK Blockchainをマイニングしようとするのですか?

マージマイニング機能により、ビットコインマイナーは両方のチェーンでマイニングを行うことができます。追加コストはほぼかかりません。したがって、マージマイナーは、RSK取引手数料から追加利益を回収でき、スマート・コントラクトのビジネスに参加できます。

 

RSKマイニングではより多くの電力を消費しますか?

マージマイニングは、ビットコインのマイナーがビットコインとRSKの両方を同時にマイニングすることができるプロセスで、同じハードウェアを使い、電力消費量も同じです。RSKマージマイニングでは、ビットコインと同じ暗号ハッシュ機能(SHA256)を採用しています。

RSKマージマイニングの安全性について教えてください。

RSKマージマイニングについては、全体的な設計はビットコインのマイニングと同じくらい安全ですが、SHA256からのより強力な資産を想定しています。これは、少なくとも100ビットの「フリースタート衝突セキュリティ」です。これこそが、RSKでマークル・ダンガード構成の性質を利用してSPVプルーフのサイズを圧縮する理由です。

RSK Blockchainはどのように保護されていますか?

RSK Blockchainは、マージマイニングにより保護されており、追加の安全対策も施されています。RSK Blockchainは、ビットコインのマイナーによって採掘(マイニング)される、世界で最も信頼性の高い最大規模のブロックチェーン・ネットワークです。現在、ビットコインのハッシュレート(採掘速度)の35%以上もRSKのマージマイニングを行っています。さらにRSK LabsはRSKIPを発表しており、その中で、一連の悪評(非常に有名で信頼性の高いビットコイン会社の一部に対する)によって、ブロックチェーン上でチェックポイント通知が発行されてセキュリティ・レベルが高まる可能性があると提案しています。ノードは、チェックポイントに従うことを強制されることはありませんが、この情報を利用してネットワーク全体への攻撃を検出し、安全モードを入力することができます。このサブシステムは安全を強化するための活性を犠牲にしています。ビットコイン独自の警告システムと比較すると、ビットコインのものは集中型であり、RSKの場合はむしろ連合型です。

2ウェイ・ペグとは?

2ウェイ・ペグは、BTCとRBTC間の変換方法と言えます。実際、BTCをRBTCと交換する場合にはブロックチェーン間で「変換」される通貨はありません。この仕事を扱う単一の取引は存在しません。これが、ビットコインでは別のブロックチェーンにおけるバランスの信憑性を検証できない理由です。ユーザーがBTCからRBTCへの変換を意図している場合、一部のBTCはビットコインに固定され、同量のRBTCがRSKへの固定から解除されます。RBTCをBTCに戻す必要がある場合は、RBTCをRSKに再度固定し、同量のBTCをビットコインのブロックチェーンへの固定から解除します。セキュリティ・プロトコルにより、両方のブロックチェーンに同一のビットコインを同時に固定することができなくなります。このためには取引の完了状態が必要になります。BTCまたはRBTCの固定を解除するために、取引のブロック確認が数百件必要になるのはこのためです。

ペグはどのように機能しますか?

ビットコインのユーザーは、2ウェイ・ペグを使用したい場合、フェデレーションにより資金が守られているマルチシグ・ウォレットに取引を送ります。RSKチェーンでは、この取引のソース・ビットコインに関連する同一の公開キーを使用して、スマート・ビットコインを管理します。つまり、ビットコイン・ブロックチェーンでビットコインを管理した公開キーを使ってRSKチェーンのアカウントを管理できるということです。公開キーと秘密キーは類似していますが、それぞれのブロックチェーンでアドレスが異なるフォーマットでコード化されます。つまり両方のブロックチェーンのアドレスが異なるということです。

 

ここでは回答を得られなかった場合は、当社にお問い合わせください(問い合わせ先へのリンク)。